黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメ、投資(ロボアドバイザー)について書くブログです。

ミレニアル世代は43%!音声デバイスによる購買利用状況。Amazon Echo、Google Homeなど

Sponsored Link

音声認識を使った購買活動がどれくらい行われているのか、調査結果をご紹介します。Walker Sandsのレポートによれば、過去12ヶ月間の間に、消費者の19%が音声デバイスを使って買い物をしているとのことです。

f:id:blackwatcher:20170715095840p:plain

Report: 43% of millennials have made a voice-device purchase in past year

 

音声認識を使った購買活動実態

消費者全体では19%の利用率である購買における音声デバイスですが、ミレニアル世代に限って言えば、その数字は43%にまで達しています。新しいやり方を、若者は積極的に活用しているようです。

データは米国の消費者アンケートに基づいており、1600人強の成人が対象です。全体調査で80%が音声で買い物はしないと回答しており、48%が全く考えもしないとしています。

f:id:blackwatcher:20170715100411p:plain

※Walker Sands Future of Retail report (July 2017)

ユーザが音声による購買に気が向かない主な理由は下記の4つです。インターフェースが会話なので、ボタンを押して画面で確認するわけではないため、購買実感が湧きづらいといったところでしょうか。Amazon Echoの今後の課題ですね。

  • セキュリティ
  • プライバシー
  • ビュジュアルの欠如
  • 支払いの不確実性

Amazon Echoは全体の16%、Google Homeは6%所有されており、所有している人の中で複数デバイスを持っている人が2%います。興味深い結果として、20%が来年にデバイスを1つ購入する予定と回答しているようです。

f:id:blackwatcher:20170715100605p:plain

※Walker Sands Future of Retail report (July 2017)