黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメについて書いています。

Facebookメッセンジャーに2つの新機能が追加!メッセージへのリアクションとメンションが可能に

Sponsored Link

Facebookメッセンジャーで送ったメッセージに、グループ内のユーザがリアクションを示せるようになりました。グループでやり取りするときに、とても会話が盛り上がりそうな機能です。同社は「Message Reactions」と名付けています。同時に、特定ユーザへ通知を飛ばす「Mentions」もリリースされました。

f:id:blackwatcher:20170325225339p:plain

Introducing Message Reactions and Mentions for Messenger | Facebook Newsroom

 

メッセージへのリアクションが可能に

Message ReactionsはFacebookメッセンジャー上で、個別のメッセージに気軽に気持ちを表現できる機能です。例えば、友達からペットや可愛い赤ちゃんの写真が送られてきたら、Message Reactionsを使って気持ちを表すことができます。使い方は簡単で、リアクションを示したいメッセージを長押しすることで、 「love, smile, wow, sad, angry, yes and no emojis.」を表現することができます。

f:id:blackwatcher:20170325225445p:plain

メッセージに対する反応は、メッセージ下隅にあるユーザの写真から見ることができます。タップすると、グループのどのメンバーが反応をしたのかがよくわかります。

f:id:blackwatcher:20170325230708p:plain

送信したメッセージに他のユーザが可能にすると、その瞬間に小さなアニメーションが表示されます。

f:id:blackwatcher:20170325230952p:plain

メッセンジャーを開いていない場合は、通常のアプリのように通知が知らせてくれます。

f:id:blackwatcher:20170325231225p:plain

 

Mentions

Message Reactionsと同時にもう一つ新機能がリリースされています。それが

「Mentions」です。Mentionsは会話で言及されたときに誰かに直接通知する方法です。誰かに言及するには「@」記号を入力するか、通知する相手の名前またはユーザネームの最初の数文字を入力し、リストから選択します。Facebookの投稿と同じですね。メッセージが送信されると、グループ内の他ユーザにわかりやすく強調されたテキストが表示されます。

f:id:blackwatcher:20170325232747p:plain

Mentionsで言及されたとき、スマホには特別な通知が届きます。クリックするとすぐに会話にジェンプできます。

f:id:blackwatcher:20170325233001p:plain

ご紹介した2つの機能は、Facebookのオフィス向けサービスWorkPlaceでも利用可能になります。今後数日間の間に世界中で利用できる予定です。

 

おすすめ記事

GoogleがAndroid「Gmail」で送金サービスを開始

Slackの競合!?マイクロソフトがチャットワークスペース『Teams』を発表

【調査結果】スマホユーザは1日平均5時間をアプリに費やしている