黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメ、投資(ロボアドバイザー)について書くブログです。

競合サイトとの比較結果がわかる!Googleの新しいモバイルテストツールの使い方

Sponsored Link

Googleのモバイルテストツールが刷新されました。このツールでは読み込みに要する時間だけでなく、読み込み最中に離脱するユーザー数も予測してもらえます。またサイトの同じ業界の他サイトと比べた場合の評価もあり、SEOで競合した場合の参考にできます。この記事ではGoogleモバイルテストツールの使い方と、分析内容をご紹介します。

モバイルサイトの読み込み速度とパフォーマンスをテストする - Google

 

Googleモバイルテストツールの使い方

使い方は単純で、モバイルテストページにアクセスしてURLを入力するだけです。入力画面は下記になっています。テスト時間は全部で1分ほどで完了します。

f:id:blackwatcher:20170703214912p:plain

 

テスト環境

テストが始まると、まずテスト環境が表示されます。世界でもっとも多く使われている標準環境に合わせたテストを行います。

f:id:blackwatcher:20170703213439p:plain

 

CSS、JavaScript分析

次にHTMLやCSS、JavaScriptの分析です。GoogleがCSSやJavaScriptファイルをrobots.txtでブロックしないよう公表したのは2012年ごろです。

f:id:blackwatcher:20170703213458p:plain

 

モバイル対応度 

次のモバイルへの対応度を計測します。サイズや、モバイルでテキストを読んだときの読みやすさが評価されます。

f:id:blackwatcher:20170703213518p:plain

 

競合分析 

最後に、同様のジャンルと評されるサイトを分析します。競合サイトと比較した結果を見れるのはSEOに非常に役に立ちますね。

f:id:blackwatcher:20170703213548p:plain

 

テスト結果

結果が出ました。ここまで1分ほどです。 このサイトの読み込み時間は5秒、訪問者がこの時間によって離脱する割合は19%でした。

f:id:blackwatcher:20170703213613p:plain

 

同ジャンルのサイトと比べるとパフォーマンスは上位の方でした。ただアートやエンターテイメントについてあまり書いてないので、その比較はちょっと気になります。 

f:id:blackwatcher:20170703213642p:plain

 

改善すると3秒減らすことができるようです。 

f:id:blackwatcher:20170703213707p:plain

 

優先度の高い修正は下記でした。画像の最適化が1番目に来ていました。確かに画像は多めな気がするので今後改善していきたいです。

f:id:blackwatcher:20170703224251p:plain

 

無料レポート

無料レポートをもらうことができます。少し時間がかかりますが、待っていると下記のメールが届きました。

f:id:blackwatcher:20170703224803p:plain

f:id:blackwatcher:20170703224814p:plain

 

サイトを運営されている方はぜひお試しください。

モバイルサイトの読み込み速度とパフォーマンスをテストする - Google