黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメ、投資(ロボアドバイザー)について書くブログです。

GoogleマップアプリにUberの配車が可能に。デザインも大幅変更

Sponsored Link

今から10ヶ月ほど前に、GoogleはGoolgeマップにUber・Lyftといったタクシー配車サービスの価格見積りや価格を比較できる機能を追加し、よりユーザにとって便利なサービスにしました。今回さらに配車サービスとの連携が強化され、魅力的なものになっています。

f:id:blackwatcher:20170112222157p:plain

Google Maps now displays Uber drivers in real-time

 

Googleマップの「taxi tab」

本題に入る前に、もともと機能として存在していた「taxi tab」に触れます。taxi tabは下記のようにGoogleマップ内にあり、複数の配車サービスがどれくらいの時間に到着するかと、いくらくらいで目的地までタクシーで行けるかを比較することができる機能です。

f:id:blackwatcher:20170115115610p:plain

 

ドライバーと地図をリアルタイム表示へ

今回GoogleはGoogleマップをアップデートし、さらに便利に使えるアプリとなりました。地図上で、グラフィカルにタクシーの位置をリアルタイム表示し、より視覚的にユーザが分かる形です。下記キャプチャの右側の画面が新しいGoogleマップです。単純にテキストだけで比較するよりも、こちらの方が分かりやすいし、より適切なタクシーを選択できそうです。

f:id:blackwatcher:20170115115837p:plain

上記の画像の右下に示されているように、選択肢はカルーセルで表示されています。Uber以外の幅広い乗り物オプションにアクセス可能となっています。プレビュー画面を開くと、特別オファーやプロモーションも表示されます。

GoogleマップはUberと密接に統合していて、Uberアプリをインストールする必要がなくなります。Uberアカウントでサインインし、マップを見たり、ドライバを追跡したり、呼び出しができるようになっています。

実際には、利便性だけでなく、標準のUberアプリに比べていくつかの利点があります。 時間、メニュー、写真などの目的地に関する情報も表示されるのです。

相変わらずGoogleもUberもUXを高めたり、ユーザを増やすためのマーケティング、プロダクトマネージメントが優れていますね。

プロダクトマネジャーの教科書

プロダクトマネジャーの教科書

 

 

おすすめ記事

ビジネスにオススメのリュック(バックパック)4選!自転車・PC・耐水など機能性にすぐれ、通勤に便利

プロダクトマネージャーになるために読んでおきたい資料・記事・本のまとめ

【オフィスグッズ】PC・デスク周りで役立つおすすめ商品まとめ