読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメについて書いています。

Amazon Chimeに対抗!?GoogleがオフィスコミュニケーションAppをリリース

Sponsored Link

Youtube TVで湧くGoogleですが、ひっそりとオフィスコミュニケーションを活性化するアプリを公開しました。Googleハングアウトのエンタープライズサービスです。(日本未公開)Googleハングアウトを使い、HDビデオ会議をセットアップして利用可能。今のところWebアプリとiOS版がありますが、Androidやアプリの紹介ページはまだ出ていません。

f:id:blackwatcher:20170301225242p:plain

Google announces YouTube TV service that rivals cable for $35

 

Googleのオフィスコミュニケーションアプリ 

f:id:blackwatcher:20170301225337p:plain

Tech Crunchで紹介されている通り、Webアプリ版ではコードを入力して会議に参加する事ができます。スケジューリングされた会議を表示し打ち合わせを行います。(アプリから新規に会議を開始することは、まだできないようです)

iOSアプリはGmailやGoogleカレンダーとの統合機能が含まれており、オフィスサービスとして本腰を入れた事が伺えます。

f:id:blackwatcher:20170301230332p:plain

 

Amazon Chimeに対応か

ちょうど2週間ほど前にAmazonが同様のサービス「Amazon Chime」をリリースしています。 Amazon Chimeはビデオコミュニケーションを通したオンタイムミーティングを可能にするアプリで、エンタープライズ向けの製品です。Googleのアプリリリースの時期が重なったのはAmazonの動きに影響を受けたのか定かではありませんが、気になるところです。

Amazon Chimeについて(抜粋)

ミーティングをこれまで以上に容易にし、さらに効果的にするためにデザインされています。Amazon Chime では、ワンクリックで高品質なサウンドとビデオのミーティングを始めることができます。ミーティングを始めると、チャット、コンテンツの共有、画面の共有がスムーズなエクスペリエンスとして実現でき、コンピューターや MAC のデスクトップ、iOS デバイスと Android デバイスに対応しています。Amazon Chime は完全に管理されたサービスとなるため、事前の投資、ソフトウェアの導入や常時のメンテナンスが必要ではありません。ユーザーは Amazon Chime アプリをダウンロードするだけで、数分で利用を開始できます。

Googleの新サービスは同社のビジネス支援サービス「G Suite」と深く連携しており、サブスクリプション料金に、このコミュニケーションサービスの使用料が乗るとも予想されています。クラウドとビジネスコミュニケーションを抑えにいく動きは、Amazonと同様のように感じられます。

 

おすすめ記事

【調査結果】2017年最新アドブロックの利用率。どのように普及したのか、ユーザはなぜ使うのか

【ビデオファースト】FacebookがTV用動画アプリを発表

【急成長するIoT】2021年まで平均17%市場拡大。農業や小売、ホームオートメーションなど注目