読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメについて書いています。

【調査レポート】2016年のモバイルアプリ利用増加率

アプリ トレンド

Sponsored Link

Flurry Analyticsは、ユーザーが2016年の間モバイルアプリケーションに費やした時間を分析した、新しいレポートを発表しました。このレポートから、2016年のアプリの全体利用率は2015年に比べて11%増加し、アプリで費やされた時間は69%増加したことが分かりました。 特筆すべきはメッセージングとソーシャルアプリは前年比で44%増となっています。一方、パーソナライゼーションアプリではセッション数が46%減少しました。

f:id:blackwatcher:20170119230827p:plain

Flurry: Mobile App Usage Increased 11% in 2016 | SocialTimes

 

2016年のアプリ利用傾向

2016年のアプリ利用率は、2015年と比較し11%セッション数が伸びています。トップ3はメッセージングとソーシャルアプリです。ついで多いのがスポーツ、ビジネス&ファイナンスです。ゲームが15%落としているのは意外ですね。

f:id:blackwatcher:20170119231203p:plain

 

時間で分析した結果が下記です。全体として、メッセージングとソーシャルアプリで費やされた時間は、2016年は2015年と比較し394%増加しました。一方、ゲームで費やされた時間は、前年比で4%減少しています。

 

f:id:blackwatcher:20170119231502p:plain

 

端末別に分析した結果が下記です。1年間の間で「Phablets」が数字を伸ばしているようです。Phabletsはスマホとタブレットの中間の大きさをした端末を指します。

 

f:id:blackwatcher:20170119231710p:plain

 

定量分析の教科書

定量分析の教科書

 

 

参考記事 

On Their Tenth Anniversary, Mobile Apps Start... | Flurry Blog

 

おすすめ記事

ビジネスにオススメのリュック(バックパック)4選!自転車・PC・耐水など機能性にすぐれ、通勤に便利

プロダクトマネージャーになるために読んでおきたい資料・記事・本のまとめ

【オフィスグッズ】PC・デスク周りで役立つおすすめ商品まとめ