読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメについて書いています。

【Facebook】企業向けソーシャル・ネットワークFacebook at Workが10月スタート。Slack、Yammerが競合

Sponsored Link

企業向けソーシャル・ネットワークサービス「Facebook at Work」が10月に発表されるようです。すでに先行して一部の企業では使用されているようで、一般公開への期待が高まります。対抗馬は流行りの「Slack」、「Yammer」と見られているようです。

f:id:blackwatcher:20160903113124p:plain

UPDATED: Facebook at Work Launch Event Oct. 10 in London | SocialTimes

企業向けSNS「Facebook at Work」

これまで、何度かニュースになっていたFacebook at Workですが、2016年10月に正式リリースとなるようです。Facebook at Workは、Facebookの新しいWebサービスで、企業向けのこれまでと違ったアプローチになります。

企業向けのWebサービスは「Slack」や「Yammer」など、すでに有名なサービスが多く存在します。これらのサービスとFacebook at Workが異なる点としては、ソーシャル・ネットワーク要素がある点です。日本のテクノロジーメディアWiredでも紹介されていますが、Wiredによれば、この試みの狙いは下記です。

フェイスブックの狙いは、社内システムを、多くのユーザーに馴染みのあるプラットフォームで置き換えることだ。「これを利用した企業は、イントラネットや電話技術システム、動画会議や配信リストといった社内連携ツールがまったく不要になるか、その必要性を大きく減らすことができます」とフェイスブックは述べている。

Facebookに似たデザイン

下記キャプチャの通り、デザインはFacebook本体にかなり似ています。機能も同じものが多いようで、Facebookメッセンジャーの企業版といってもよい「Work Chat」アプリケーションがiOS・Android向けに存在します。

f:id:blackwatcher:20160930224102p:plain

英語にはなりますが、Facebook at Workの紹介動画もあります。ユーザーは個人のFacebookアカウントとは別に、このサービス用にアカウントを作る必要があります。

 

日本でも公開が待ち遠しいですね。日本ではFacebookメッセンジャーやFacebookグループをビジネス的に利用するシーンが多く、ビジネス向けソーシャル・ネットワークであるLinkedInが流行らなかったりした背景があります。また、企業内のコミュニケーションツールとして、Slackに勢いがありますが、まだ流行りきっていないといった状態ではないでしょうか。Faceboo at Workが今後どう成長していくか期待が高まります。

参考

ライヴァルはSlack 「企業向け」のFacebookが10月スタート|WIRED.jp

関連記事