読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメについて書いています。

Facebookページにショップとサービスセクションが追加

Sponsored Link

先日Facebookページのデザインをスマホに近づけたFacebookですが、さらにショップとサービスセクションを追加しました。まだエリアが限定的な公開ですが、新しい機能に注目が集まっています。

※SocialTimesの記事を基にしています

f:id:blackwatcher:20160804225206p:plain

Facebook Pages Getting Shop, Services Sections | SocialTimes

Facebookページにショップとサービスセクションを追加

Facebookページの運営者は、ショップセクションを通して、商品をディスプレイし、よりユーザーに見つけてもらえる機会が増えました。このショップ機能は下記の10カ国に限定的に公開されます。東南アジアや南アメリカがメインですね。

  1. タイ
  2. ブラジル
  3. ベトナム
  4. インドネシア
  5. マレーシア
  6. メキシコ
  7. フィリピン
  8. インド
  9. アルゼンチン
  10. 台湾

以下のキャプチャはショップセクションのものです。グラフィカルに商品が大きく画面に表示されているのが特徴です。

f:id:blackwatcher:20160804231425p:plain

f:id:blackwatcher:20160804231612p:plain

サービスセクションは今のところすべてのプロフェッショナルなサービスを提供するすべてのFacebookページに追加予定です。数週間で適用されるそうです。

サービスセクションはショップセクションのように「商品」を売るのではなく、「サービス」を売る企業のためのセクションです。例えば、アロマテラピーやネイルといった業種があげられます。

f:id:blackwatcher:20160804235014p:plain

f:id:blackwatcher:20160804235040p:plain

広告事業以外の稼ぎ頭を

Facebookは広告事業が好調で、順調に業績を伸ばしています。一方、広告事業以外でもうけることは、チャレンジが続いています。

今回紹介したショップとサービスセクションはユーザーがFacebookで商品を購入したり、お店を予約したりすることが期待される機能です。これらの営みを通して、Facebookは手数料を得ることができます。ユーザー数を拡大することに長けているFacebookは、新しい換金化の仕組みをうまく作ることができるのでしょうか。

参考

FacebookページのPCデザインがリニューアル?!よりスマートフォンらしいデザインに

この記事を読んだ方におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net