黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメについて書いています。

【Google】検索結果にリオ五輪のスケジュール、獲得メダル数、選手の情報を表示。Youtubeでの動画配信も

Sponsored Link

8月5日よりはじまるリオオリンピックに向けて、Googleは独自のサービスを通して情報を発信する仕組みを整えました。検索結果から競技スケジュールや獲得メダル数、結果速報、選手の情報などを簡単に知ることができます。加えて、ロゴやYoutubeの情報も紹介しています。

※Google Japanの記事を基にしています

f:id:blackwatcher:20160803221137p:plain

Google Japan Blog: Google でオリンピックを楽しもう

Googleのオリンピックの試み

Googleがオリンピックに向けて準備したサービスは下記の通りです。遠隔地から検索でオリンピックの最新情報を取得するのはもちろん、現地リオ市内やオリンピック会場を探索できる仕組みがあります。

  • 検索結果に、競技スケジュールや獲得メダル数、結果速報、選手の情報などを分かりやすく表示
  • 競技の結果や TV 放映スケジュール (日本を含む 30 カ国以上) も
  • 公式の放送局による試合のハイライトを
  • YouTube で視聴可能に (日本を含む 60 カ国以上) Google マップでリオ市内とオリンピック会場を探索
  • Googleトレンドで世界が注目する検索トレンドを紹介

Googleが用意したサービスは、すべて検索結果から楽しむことが可能です。自分が応援している選手や関心のある競技、メダル数や自国の選手が出場する競技など、気になることを検索してみましょう。以下のキャプチャは検索結果の例になります。

 

f:id:blackwatcher:20160803222747p:plain

Googleマップを使ったハイライト情報はこちらです。グラフィカルで現地の躍動感が伝わってきますね。

Google Street View

f:id:blackwatcher:20160803225523p:plain

"リオ 2016"で検索

実際に「リオ 2016」と検索した結果が以下のキャプチャです。競技のスケジュールや選手の詳細、メダル数などが確認できます。

f:id:blackwatcher:20160803222706p:plain

メダル数は以下のように表示されます。これからどんな結果が出るのか楽しみですね。

f:id:blackwatcher:20160803223229p:plain

ロゴも変更されるかも

リオオリンピックに合わせてGoogleのロゴも変更されるかもしれません。イベントごとに頻繁に変えているのでかなり期待は高いのではないでしょうか。

マラソン

f:id:blackwatcher:20160803224256p:plain

ウエイトリフティング

f:id:blackwatcher:20160803224401p:plain

あん馬

f:id:blackwatcher:20160803224413p:plain

砲丸投げ

f:id:blackwatcher:20160803224423p:plain

Youtubeでも現地の様子をお届け

Youtubeはリオデジャネイロに15名を派遣し、現地の様子を伝えてくれます。さらに、60カ国のメディアと協力して、ハイライトを提供することも予定しています。例えば、America MovilやNHKといった放送機関です。これらの放送機関からGoogleにビデオ情報が提供され、検索結果に表示されます。

Youtubeの特別動画

f:id:blackwatcher:20160803225041p:plain

Youtube Official Blogで紹介されていた動画です。オリンピックのコンセプト動画のように感じました。

Official YouTube Blog: Rio 2016 celebrations on YouTube

参考

ASCII.jp:メダル数から試合映像まで グーグルでリオ五輪を楽しもう

Googleロゴが「初の近代オリンピック120周年」最初はどこだっけ?

リオデジャネイロオリンピック開幕間近。もちろんGoogleも準備完了 | TechCrunch Japan

この記事を読んだ方におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net