読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメについて書いています。

【出荷台数は大幅減少】やはり流行らなかったスマートウォッチ。

トレンド マーケティング

Sponsored Link

IT企業の大手各社がこぞってリリースしたスマートウォッチですが、やはりなかなか需要を伸ばすことはできませんでした。2015年4月にアップルがアップルウォッチを発表した際には、多くの期待を集め一定の成功を収めましたが、そのまま成長を続けることは難しかったようです。たしかに、今はあまり使用している人を見かけないかもしれませんね。

※Statistaの記事を基にしています

f:id:blackwatcher:20160730214759p:plain

• Chart: Smartwatches - The Next Big Thing That Wasn't | Statista

流行らなかったスマートウォッチ

Statistaの記事に掲載されていた以下のグラフを見れば、スマートウォッチがすでにそのピークを過ぎてしまったことがわかります。アップルをはじめ、大手IT企業がこぞって商品を投入しましたが、人々の生活には根付かなかったようです。

f:id:blackwatcher:20160730220523p:plain

グローバルでのスマートウォッチ市場は、前年比で出荷台数が30%以上下落するとされており、市場としてはじめての後退を見せています。今年の4月〜6月の出荷台数は350台でしたが、昨年の同時期では500万台だったのです。

元記事では、スマートフォンと安価なフィットネス・バンドがそれぞれのマーケットを築いている一方、スマートウォッチは独自の機能を欠いており、広い範囲で受け入れられなかったとされています。

参考

スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート! | Agile Cat --- in the cloud

この記事を読んだ方におすすめの記事 

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net