読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメについて書いています。

5000万人規模に?!スマホユーザーのEコマース関連サービス利用動向

Sponsored Link

ニールセンがスマホユーザーの最新Eコマース利用動向を発表していました。スマホからEコマース関連サービスを利用するユーザーは5000万人規模に成長しているようです。Eコマースでは、Amazonや楽天といった有名企業が思い浮かびますが、それ以外にもユーザーを集めるサービスがあるようです。

f:id:blackwatcher:20160701205557p:plain

ニールセン スマホユーザーの最新Eコマース利用動向を発表

スマホユーザーの最新Eコマース利用動向

  • スマホからEコマース関連サービスを利用する人は4,857万人
  • 利用者数トップ3はAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング。オムニ7も利用者数上位に
  • 各Eコマースサービスの利用者の7割以上がAmazon、楽天市場を併用

 ニールセンによれば、2016年の5月時点でスマートフォンからEコマース関連のサービスを利用しているユーザーは4,857万人となっており、スマートフォンユーザーの全体の伸び14%と同程度となっていたようです。

f:id:blackwatcher:20160701210548p:plain

Eコマース利用者上位5サービス

1、2位はやはりAmazon、楽天でした。両者ともに3,000万人を越すユーザーに使われており、3位以下を大きく離しています。なおSimilar Webの独自調査によれば、2015年の段階でもAmazonの方が楽天より多くのユーザーに使われています。ちなみに、スマホではそれほど利用者数に差はありませんが、PCではダントツでAmazonが強いです。気になる方は以下の記事をチェックしてみてください。

アクセス数を年間35億集めるEC界の巨人『amazon』『楽天』。 2016年早々、分かれた明暗。 – SimilarWeb日本公式ブログ

さらにいうと、アプリのMAUではメルカリがAmazonを抜いているようです。まさに群雄割拠ですね。

メルカリ、アプリMAUではAmazonより上に。‐ App Ape Lab

3位にはYahoo!ショッピングがつけています。サービスの質というより、Yahoo!Japanからの流入でユーザーを稼いでいる気がしなくもないですね。

f:id:blackwatcher:20160701211359p:plain

上位3サービスのユーザー増加率

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング各サービス順調にユーザー数を伸ばしています。各社の伸び率はスマホユーザーのEコマース全体利用者数伸び率15%をはるかに上回っている状況です。

f:id:blackwatcher:20160701212054p:plain

Amazonと楽天とのユーザー重複利用率

各サービスとも70%以上が重複しています。サイトを横断的に探し、商品を選択していることが伺えます。

f:id:blackwatcher:20160701212445p:plain

この記事を読んだ方におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net