黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメについて書いています。

【チームコミュニケーションを改善】slack、DAUが3百万人を突破

Sponsored Link

話題のチームコミュニケーションサービス「slack」のDAUが3百万人を突破したようです。VentureBeatにて紹介されていました。チームコミュニケーションサービスは世の中に数多くありますが、なぜslackはここまで支持されているのでしょうか。

f:id:blackwatcher:20160511225710p:plain

Slack passes 3 million daily active users, 930K paid seats | VentureBeat | Apps | by Ken Yeung

slack、DAUが3百万人を突破

2013年にサービスが公開されて以降、アメリカをはじめ日本でも多くの支持を集め続けているチームコミュニケーションサービスslackが、DAU3百万人を突破したと発表されました。以下のグラフの通り、サービス開始から爆発的にユーザー数を伸ばしています。

Slack: Be less busy

f:id:blackwatcher:20160527002212p:plain

slackとは

ここまで人気があるslackとはどんなサービスなのでしょうか。slackはビジネス向けのチャットサービスです。この記事では3百万人を突破とお伝えしていますが、サービスを開始してから2年半でDAUが2百万人に到達しています。IT業界のスタートアップ企業で、非常によく使われているサービスです。

f:id:blackwatcher:20160527005159p:plain

革命的チャットツールと呼ばれている

ここまで人気の理由はなぜなのでしょうか?以下にslackが多くの人に好まれる6つの特徴を紹介します。

  • チームでも1対1でも、ストレスのないリアルタイムのコミュニケーションができる
  • パソコン、スマホ、タブレットなど、閲覧環境を選ばずサクサク使える
  • 過去のやりとりの中であとで参照したいものを保存でき、検索も簡単画像を含めたどんな種類のファイルでも、手軽に共有できる業務で使用している
  • 他のサービスと連携させ、仕事を効率化することができる
  • オリジナルの絵文字を作ったり、カスタマイズして楽しめる 

ビジネス向けチャット「Slack(スラック)」とは?特徴と始め方を日本語で解説!|SELECK

slackがユーザーに提供する価値は、以上の6つになりますが、今のビジネスシーンに適合した使いやすさが際立っています。次の3つのポイントがまさに今の仕事のやり方にあっているのではないでしょうか。

1 - 手軽なチャット

例えば、最近企業内のやり取りをメールではなくSkypeのようなチャットサービスを許可している会社が増えています。その流れにslackは完全にのっており、ビジネスメールの面倒臭さを解消しています。

2 - 手軽なファイル共有

さらに、ビジネスの現場ではよく行う「ファイル共有」がとってもスムーズにできます。よく企業の共有ファイルサーバーは何層にもフォルダ分けされており、まるで迷路のような管理状況になりがちです。わかりやすくファイルを管理をするためにきれいにフォルダ分けをした結果、複雑になってしまうのです。slackでは、ドラッグ&ドロップで簡単に共有でき、slack上でもコピー&ペーストできるのが特長です。ファイルを開く際は、ダウンロード不要でslack上のサムネイルで確認できます。

3 - 手軽なグループ作成

slackではChannelというチャットルームを作ることができます。Facebookのグループのような感じで特定の人をチャットルームに入れてコミュニケーションをとることが可能です。Private Channelを活用すれば、ルームへの出入りや閲覧を制限することが可能なので、活用次第でより効率的なチーム内の会話ができますね。

最後に

ビジネスチャットサービスは世の中に数多くありますが、slackが特に目立っている理由は何でしょうか。ビジネス中のコミュニケーションはニーズがあることはわかっているので、その中で商品力に差がついているところは目を見張ります。最後になりますが、個人的に昔使っていたAsanaというビジネスコミュニケーションサービスも、なかなか使いやすかったのでおすすめです。

Asana is easiest way for teams to track their work · Asana

この記事を読んだ方におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net