読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメについて書いています。

検索とソーシャルの融合?!Googleの新しいソーシャルアプリSpaces

Google アプリ トレンド マーケティング メディア モバイル

Sponsored Link

Googleが新たにソーシャル要素の強いサービス「Spaces」を開始しました。SocialTimesで紹介されています。今後人気のサービスに育つのか注目です。

f:id:blackwatcher:20160510231721p:plain

Google Launches Spaces App for Small Group Sharing | SocialTimes

Googleの他サービスと連携するSpaces

GooglegaGoogle+とは他に新しいソーシャルサービス「Spaces」を開始しました。少人数のグループで使うことを想定しており、アプリ内の検索から、YoutubeやChoromeなど他のGoogleサービスを、アプリを離れることなく使うことができます。複数のアプリを横断することなくニュースや動画、写真を共有することが可能になっています。

Spacesを利用するユーザーはアプリ内でグループを作ることができます。さらに、メッセージやEmail、ソーシャルメディアを通して他のユーザーを招待することができます。

ユーザーは共有したコンテンツに関して、他のユーザーとチャットで会話ができたりもします。

f:id:blackwatcher:20160517235342p:plain

Spacesはやはり検索に強い

SpacesはGoogleが出したサービスなだけに、やはり検索に強いようです。ユーザーがシェアしたコンテンツやコメント、画像を検索で探すことが可能となっています。ユーザーが自分で作ったSpacesをキーワードで検索することができます。Facebookは検索機能が弱いので、その点に関してはSpacesの検索能力に期待したいですね。

プロジェクト、チームで使うイメージ? 

GoogleはSpacesのユースケースを、研究や調査グループを始め、旅行計画を立てたり、特定の分野に興味を持つユーザーの利用と考えているようです。筆者的には調べもをして共有するシーンは、研究や調査グループといったプロジェクトに関わる場面が一番イメージできました。一方で、私的なグループでの利用はあまり想像できませんでした。日常的な検索は、人に共有できる内容(悩み事など)があまり多くないのが普通だと思います。特定の目的意識を持ったグループには有用なツールになりそうです。

最後に

使うシーンのメインはモバイルメです。もちろんモバイルのユーザーを囲うことで、広告などのビジネスチャンスを狙ってのことと思います。Facebookのモバイル広告が好調なこともあるので、Spacesの今後の活躍に期待ですね。

参考

Google、ソーシャル・サービスに再挑戦―グループチャット・アプリのSpacesをリリース | TechCrunch Japan

この記事を読んだ方におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net