黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメ、投資について書くブログです。

"Hello"という言葉を初めて使ったのはエジソン?

Sponsored Link

英語の挨拶で使う言葉"Hello"についてはエジソンが作ったという説や、それより以前から使われていたという話があるようです。

f:id:blackwatcher:20160424234347p:plain

『真の技術者としての心得/インタビュー#2』トーマス・エジソン

"Hello"はエジソンが作ったという説

以下のYahoo知恵袋によれば、"Hello"という言葉はトーマスエジソンが初めて使ったとしています。1800年代の終わりごろに、エジソンが電話を発明したすぐの頃としています。

「HELLO」は発明王エジソンが作った言葉ってホン... - 言葉、語学 | Yahoo!知恵袋

"Hello"はエジソンが作ったという話はガセネタという説

どちらかとうとこちらの方が有力なようです。

「Hello」の語源に当たる言葉はエジソンよりずっとずっと前からあったようです。ある人はドイツから来たと言い、ある人はフランスから来たと言っているようです。いずれにしろイギリスに渡ったのは今からざっと千年くらい前のことのようです。イギリスに渡ってから、発音も綴りも時代とともに変遷しました。1800年代前半のアメリカでは既に「Hello」という綴りが使われていたそうです。

大雑把にまとめると、「Hello」の語源に当たる言葉はエジソンよりずっとずっと前からあったようです。

こちらの記事によれば、"Hello"を初めて使ったのはエジソンではなく、初めて電話の挨拶に使ったのがエジソンとしています。

それまで電話を発明したアレクサンダー・グラハム・ベルは、電話に出る挨拶として「Ahoy(アホイ)」を提案していたそうです。「Ahoy」は船乗りたちが使っていた言葉なのだとか。

これに対してエジソンは「Hello」を提案しました。その結果"Hello"が広く使われるようになったようです。

電話の初期の利用者はお金持ち達だったのではないかと思います。そのお金持ち達には港湾労働者の言葉はあまり心地よく聞こえなかったのかもしれません。これはあくまで推測にすぎません。

上記記事の引用ですが、筆者としても納得出来る部分がありました。新しい文化は、高価なものはまず金持ちに消費され、技術の進歩で生産効率が上がり庶民にも浸透してく流れがあったのではないでしょうか。

ちなみにこの話を調べていて疑問に思ったのは、エジソンとベルどっちが電話を作ったのか?という点でした。

電話を発明したのは誰か

詳細は以下の記事に記載がありますが、電話の特許をとったのはベルだったようです。ベルが電話の特許出願をした一ヶ月前にエジソンが出願したようですが、出願内容に不備があったため不受理となってしまったようです。

ちなみにもう一人電話の特許を争っていた人物がグレイで、特許を出願したのはベルの二時間後だったため正式な発明者にはなれなかったとのことです。いつの時代もスピードは大事ですね。

【エジソンと関わった人たち】

ビジネス知識関連のおすすめの人気記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net