読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメについて書いています。

【wework】注目のオフィス・スペース・プロバイダー!NY発の新興企業が塗り替えるスタートアップ勢力図

スタートアップ トレンド ビジネス知識

Sponsored Link

f:id:blackwatcher:20160416211301p:plain

NY発のオフィス・スペース・プロバイダーであるweworkが、スタートアップ界隈での評価を高めているようです。Business Insiderにて紹介されていました。

WeWork is raising $430 million - Business Insider

wework?オフィス・スペース・プロバイダーとは

普段海外のスタートアップ企業に目を向けていない身としては、weworkという名前を初めて聞きました。weworkとはニューヨーク発の新興企業であり、2000年よりオフィスのコワーキングスペースを起業家向けに提供するサービスを提供しています。2015年9月時点では、2万3000人の顧客がweworkが運営する32のオフィスを利用しているようです。半数がニューヨークであり、それ以外にサンフランシスコ、オースティン、ロンドン、テルアビブ、ポートランド、トロントなどでもオフィスを提供しています。

毎月増え続けるNY発の超人気コワーキングオフィス WeWork

企業評価額がSnapchatに並ぶ

このweworkは大変業績好調のようで、同様に好調のSnapchatと評価額が並んだようです。オフィススペースを貸し出す企業が他の有名なテクノロジー企業と並ぶ評価額というのは筆者としては意外でした。シェアサービスという点で共通するUberはweworkの約3倍、Airbnbは約1.6倍です。評価の高い企業の上位にシェアサービスが名を連ねているのですね。

f:id:blackwatcher:20160416213618p:plain

WeWork という、オフィス・スペース・プロバイダーが、SnapChat に迫る勢いで伸びている!

評価ポイントはシェアリング・エコノミー

weworkが投資家から評価されているポイントは、先ほどでも少し触れたシェアサービスを提供していく点のようです。いわゆるシェアリング・エコノミーです。今や大成功したUberやAirbnbと同様のビジネスモデルであるweworkは、「シェア」をキーワードとして投資家の心をつかんでいます。このタイプの企業は、既存の業態(車による送迎、空室の賃貸)をテクノロジーの力を使って多くのユーザーの支持を集めました。今やもともとそれらの業界に君臨していた企業(Uberの場合はタクシーやリムジン、Airbnbの場合はホテルなど)をしのぐ存在です。このような大成功を収めた企業とweworkの姿が投資家たちにとって重なって見えるのでしょうか。

コワーキングスペースを貸すNYのスタートアップが急成長、企業価値は50億ドルにも

最後に

2014年には「WeWork Comments」という独自のソーシャルネットワークも立ち上げています。ビジネス特化型のため「Linkdln」と被りますが、主に事業を起こしたばかりの人向けという点で異なっています。会員には、各地に点在するオフィスの予約機能や、各種サービスの割引、ローカルイベントの紹介などの特典があります。

今まで目を向けていなかった分野ですが、今後は適宜スタートアップ企業に関する情報も収集していきたいと思います。

この記事を読んだ人におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net