黒子の観察者

テクノロジーやビジネス、音楽、グルメ、投資(ロボアドバイザー)について書くブログです。

【実験結果】Twitterで一番リツイートされる曜日とは?リツイートしてもらう効果的な方法の紹介

Sponsored Link

f:id:blackwatcher:20160130173443p:plain

Search Engine Journalで、Twitterのリツイート実験が紹介されていました。どうしたら、自分のコンテンツをリツイートしてもらえるか?ブログを運営している方など、気になるところではないでしょうか。この記事では、拡散される方法やタイミングについて触れています。気になる方はぜひ読んでみてください。

www.searchenginejournal.com

リツイート実験について

この実験は、2015年5月11日から11月10日の期間、122日に渡って実施されました。22のTwitterアカウントをフォローし、そのアカウントは期間中合計5148ツイートしています。またアカウントのフォロワー数合計は350,000に及びます。ツイートされた内容は、次の3つのグループに分けられます。

  1. No Call-to-Action(Control Group)
  2. CTA - 'Please Retweet'
  3. CTA - 'Please RT'

リツイートを呼びかけなかったものと、Call-to-Actionといってリツイートを呼びかけたものの比較実験です。さらに、リツイートを呼びかけるものの中で「Please Retweet」と「Please RT」の2つを比較しています。

実験結果

リツイートの比較実験結果は、以下の図の通りになりました。およそ7倍弱くらい、Call-to-Actionを含めたツイートがリツイートされるという結果になっています。

f:id:blackwatcher:20160130175219p:plain

'Please Retweet'と'Please RT'の差は?

'Please Retweet'と'Please RT'の差は次のグラフの通りとなりました。おおよそ、1.5倍'Please Retweet'の方がリードしています。しっかりとメッセージとして書いた方が、リツイートされやすいという結果です。

f:id:blackwatcher:20160130175535p:plain

別の実験の話ですが、プロモツイートでも、このCall-to-Actionは有効とTwitterが発表しているようです。人を動かすには、呼びかけるのが効果的なようです。

リツイートされやすい曜日がある

この実験では、リツイートされやすい曜日も結果としてわかったようです。もっともリツイートされたのは火曜日で26.4%でした。水曜日が20%、金曜日は23.8%、土曜日は22.8%という結果になっており、平均を上回っています。

f:id:blackwatcher:20160130180331p:plain

最後に

いかがでしたでしょうか?'Please Retweet'って、日本でやるなら「【拡散希望】」になりますかね。昔日本のTwitterでもよく見た気がしますが、最近はめっきりない印象です。拡散希望とまではいかないまでも、人の行動を促すような言葉を効果的に使っていきたいところです。ブログを投稿する際など、いろいろ工夫してみたいです。

マーケティング 関連のおすすめ記事

マーケティング関連でおすすめの記事はこちらです。ぜひ読んでみてください!

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net