読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒子の観察者

テクノロジーやマーケット、働き方(ビジネススキルなど)、あとエンタメとグルメについて書き綴ります。

Facebookでもっともバズったオリンピック関連の投稿とは!?1位はやっぱりあの選手だった

Facebook Instagram トレンド メディア

リオ五輪は、ソーシャルメディア上で多くのバズを生んだメガコンテンツとなりました。8月5〜21日の間に、Facebookでは277百万のユニークユーザーから15億の"いいね!"などの反応があり、インスタグラムでは131百万のユーザーから916百万の反応がありました。

f:id:blackwatcher:20160823215612p:plain

※オリンピック通算獲得メダル数28個のマイケル・フェルプスのFacebook動画

Facebookでもっともバズったオリンピック関連の投稿とは?!

Facebookによれば、オリンピックに関する投稿でもっともバズったコンテンツベスト5は、下記の5つのようです。

  1. クリスティアーノ・ロナウドがウサイン・ボルトの金3つを祝福する投稿(下記の動画)
  2. ネイマールが金メダルを獲得した投稿
  3. 女子バドミントンで銀を獲得したP.V.シンドゥを祝福するインド首相の投稿
  4. 女子体操で金メダルを4つ獲得したシモーネ・バイルズと映る米俳優ザック・エフロンの投稿
  5. ウサイン・ボルトが1つの金メダルを掲げた1枚の写真

1のクリスティアーノ・ロナウドがウサイン・ボルトを祝福した投稿はこちらです。

もっともバズが生まれた国は下記の5カ国です。やはり開催国ブラジルは盛り上がったのですね。あまり盛り上がっていないとされたアメリカも堂々の2位です。

  1. ブラジル
  2. アメリカ
  3. イギリス
  4. メキシコ
  5. インド

Facebookはリオ五輪に合わせてプロフィール写真を設定できるサービスを公開していました。このサービスをもっとも利用した国のベスト3がこちら。アジアの国が多かったようです。

  1. インド
  2. フィリピン
  3. パキスタン

オリンピック機関中にもっともリアクションがあったアスリートベスト5は下記です。通算28個のメダルを獲得しているマイケル・フェルプスが1位でした。

  1. マイケル・フェルプス
  2. ウサイン・ボルト
  3. ネイマール
  4. シモーネ・バイルズ(女子体操)
  5. ケイティ・レデッキー(女子競泳)

競技別に見ると下記の通りです。やはりマイケル・フェルプス効果なのでしょうか、競泳が1位でした。

  1. 競泳
  2. 体操
  3. トラック
  4. サッカー
  5. ビーチバレー

最後になりますが、オリンピック出場選手が投稿したものの中で、もっともバズったのは、マイケル・フェルプス選手の引退に関する動画でした。なんと4億に迫るPVを記録しているようです。

インスタグラムに関するランキングも英語になりますが元記事に掲載されています。よろしければ読んでみてください。

※この記事はSocialTimesの記事を基にしています

Rio 2016: 1.5 Billion Facebook Interactions; 916 Million on Instagram | SocialTimes

参考

Facebook touts 1.5 billion interactions for its Rio Olympics coverage

Olympics amassed 187 million tweets, 1.5 billion Facebook interactions

関連記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

【リオ五輪閉幕】東京オリンピックを表現したトーキョーショーが話題に

トレンド メディア

リオデジャネイロ五輪は最終日21日、すべての競技を終え閉会式を行いました。今大会、日本はメダル41個を獲得し、多くの日本国民を盛り上げましたね。内訳は金12、銀8、銅18で、前回のロンドン大会の38個を上回って過去最高のメダル数となりました。

メダル獲得数のランキングでは、米国(121)、中国(70)、英国(67)、ロシア(56)、ドイツ(42)、フランス(42)につぐ7位と、次回の東京五輪に最高のバトンを渡したのではないでしょうか。

多くのメダルを獲得し、注目を浴びた日本選手ですが、閉会式の東京五輪の演出もまた海外で大いに話題になっています。安倍首相のマリオが印象的ですが、世界で人気のキャラクターが印象的な東京五輪への期待が膨らむ演出でした。

f:id:blackwatcher:20160822221245p:plain

東京五輪2020に期待が膨らむ閉会式

プロデュース椎名林檎さん、音楽・中田ヤスタカさん、振付・MIKIKOさんです。ダンスに登場したのは青森大学男子新体操部。フルバージョンはNHK提供の動画になります。テンポよく繰り出される日本の魅力に2020年への期待が膨らみます。

【ハイライト】2020へ期待高まる!トーキョーショー | NHKリオデジャネイロオリンピック

海外で話題に

Facebookの海外の友人がシェアしていたので、海外でも話題になっているようです。また大手メディアのengadgetやThe Next Webでも取り上げられていました。

海外メディアではマリオにフォーカスが当てられて、この演出が楽しまれているようです。たしかに日本の真逆に位置するリオデジャネイロに、マリオのドラム缶を使って移動してくる演出は印象的でした。

engadget

Tokyo 2020's Olympics pitch: Mario, Pac-man and co.

The Next Web

Japan's PM showed up at the Olympics as Mario

関連記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

目的地をより探しやすく!Googleマップが3つのアップデートを実施

Google マーケティング モバイル アプリ

日々進化を続けるGoogleマップですが、それでもGoogleはまだ目的を簡単に探すには不十分だと課題を感じているようです。そのため、今回3つの新しい機能をアップデートしました。位置情報に関して、ユーザーがより詳細に情報を得ることができる仕組みです。

※Googleマップ公式ブログの記事を基にしています

f:id:blackwatcher:20160820112528p:plain

Google Lat Long: More ways to share your street smarts in Google Maps

情報の編集と、位置情報の追加が簡単に

1つ目のアップデートが既存の位置情報の情報を編集する機能と、新たに位置情報を追加するための機能です。どちらも簡単に追加できるようになりました。Android・iOSアプリとウェブからこれらの機能を使うことができます。これにより、Googleはより詳細に、そして正確に位置情報を集めることができるようになります。

f:id:blackwatcher:20160820113106p:plain

詳細情報の追加が可能に

場所を探していると、その場所の詳細情報を知りたくなることはないでしょうか。例えばレストランで言えば、ロマンチックな場所か、ベジタリアンフードはあるか、テラス席はあるか、などです。ユーザーがこれらの情報を追加することで、Googleはよりお店のことを理解できるようになります。

他ユーザーの編集情報をお知らせ

ユーザーが位置情報を編集しようとしたとき、他ユーザーの編集した情報をお知らせしてくれる機能もあります。このお知らせが設定されている場所を閲覧した際には、以下のキャプチャのように"Someone suggested new info"というテキストを見ることができます。このテキストをクリックすると、より適切な場所に関する情報が表示され、選択することが可能です。この機能は、AndroidのGoogleマップと、Android・iOSのGoogle検索から利用できます。

f:id:blackwatcher:20160820115334p:plain

Googleが情報を持つ仕組みに

上記のようにGoogleは自社のサービス内に情報を独自で持つことを進めています。例えば、お店の雰囲気やテラス席はあるか、といった情報は、これまで食べログなどで見たあとに、場所をGoogleマップで探すという流れが一般的でした。しかしこの機能を追加することにより、ユーザーは直接Googleを見ることになります。

最近の話で言えば、お店の予約もGoogleの検索結果から直接できるようになっています。これも同様の流れと言えるのではないでしょうか。下記の記事に書いているのでよろしければご覧になってください。

【Google】ローカルパックの広告をスタート。日本ではついにレストラン予約も

関連記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

Google、検索結果のサムネイル画像をテスト中

Google マーケティング モバイル

Googleが検索結果にサムネイル画像を表示するテストを再開しているようです。2014年にも同様の試みを行っており、特別新しい実験というわけではありません。

※Search Engine Landの記事を基にしています

f:id:blackwatcher:20160809224330p:plain

Google testing image thumbnails in mobile search results again

Google、検索結果のサムネイル画像をテスト中

以下のキャプチャが、Googleがテストしているサムネイル画像です。

f:id:blackwatcher:20160820105322p:plain

ちなみに2014年の時点で見ることができたサムネイル画像は以下のキャプチャになります。今回テストしているもののほうが、やや大きく表示されているように見えます。

f:id:blackwatcher:20160820105550p:plain

日々変化する検索結果

最近Googleがリニューアルした検索結果をご紹介します。上記で紹介したサムネイル画像と似たような取り組みとしては、リッチカードがあげられます。リッチカードは検索結果にカード形式でリッチスニペットを表示する仕組みで、大きく画像を表示します。

f:id:blackwatcher:20160820110349p:plain

【Google】リッチスニペットが進化?!映画とレシピのサイト向けにリッチカードをローンチ

他にも、検索キーワードのサジェッションのデザインを変更したりしています。細かい部分ですが、ユーザーの利便性に影響がありそうです。

f:id:blackwatcher:20160820110532p:plain

【Google】新しい検索結果?!検索キーワードのサジェッションが新しいデザインに

関連記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

【STAT ROW】学生スポーツを応援するアプリ。ハイライト映像のシェアやファン同士の交流が可能

アプリ エンタメ マーケティング モバイル

学生などのアマチュアスポーツチームを応援するためのプラットフォームアプリ「STAT ROW」のご紹介です。地域とスポーツチームの密着が強い、いかにもアメリカらしいサービスだと思います。コンセプトはシンプルで、「試合のハイライト映像をシェアして応援しよう!」というものです。

Stat Row - Funding youth sports through game highlights.

f:id:blackwatcher:20160819231019p:plain

試合のハイライト映像を軸にした応援プラットフォーム「STAT ROW」

STAT ROWは学校のスポーツチームなどアマチュアスポーツを応援するためのアプリです。ユーザーは試合のハイライト映像をシェアして応援しよう、というコンセプトで、試合中の動画をアップすることが軸となっています。 

アプリで発生した売上は、直接チームに分配されるなど営利要素が薄く、いかにもアマチュアスポーツを扱ったサービスという感じがします。ただ、国内トップチームのハイライト映像を見ることも可能なようです。

ファン同士のコミュニケーションを活性化するために、ユーザー同士のメッセージのやり取りが可能だったりします。

f:id:blackwatcher:20160819232522p:plain

日本にもほしい

日本の学生スポーツといえば高校野球・甲子園ですが、結構Youtubeに地方大会や練習試合の映像が上がっていたりします。たしかに、ハイライト映像をシェアするニーズはあるんだなあと感じますね。

各スポーツごとに熱い思いをもったファンが、アプリを通して交流できる場というのも魅力的に感じます。 

学生スポーツが盛んな日本にあっても嬉しいサービスだなと思いました。

参考

試合のハイライト映像を軸にした応援プラットフォーム『STAT ROW』 | 100SHIKI

関連記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

【Instagram】音楽コンサートやスポーツイベントを配信するイベントビデオチャンネルを米国限定で公開

Facebook Instagram アプリ マーケティング モバイル

Instagramがイベントビデオチャンネルを新たに追加しました。イベントビデオチャンネルは、音楽のコンサートやスポーツイベントの動画を配信するチャンネルで、いまのところアメリカのみの公開となっているようです。

※SocialTimesの記事を基にしています

f:id:blackwatcher:20160730211147p:plain

Instagram Adds Events Video Channel to Explore Tab | SocialTimes

Instagram、イベントビデオチャンネルを追加

Instagramはアメリカ限定で音楽コンサートやスポーツイベントを配信するイベントビデオチャンネルを新たに追加しました。このチャンネルは、ユーザーがフォローしているアカウントをもとに、パーソナライズしたコンテンツを届けることを目的としているようです。

イベントビデオチャンネルは、今年に入って公開された「topic channel」や「Videos You Might Like」といったビデオサービスに続く機能です。

f:id:blackwatcher:20160818233602p:plain

f:id:blackwatcher:20160818233854p:plain

ちなみに、イベントビデオチャンネルはSnapChatの"Live Stories"と同様の機能であり、SnapChatに対抗する試みとみられているようですLive Storiesもライブイベントの動画を見ることができる機能です。英語になりますが、下記の記事で紹介されているので読んでみてください。

Instagram is now copying Snapchat’s Live Stories with events video channels

Facebookはさまざな機能を駆使してSnapChatに対抗しようとしているようですね。Facebook本体の話になりますが、SnapChatに似た写真の編集機能をテストしています。若年層のユーザーにリーチするための試みが積極的に行われていますね。

【Facebook】SnapChatのような新しい写真編集機能をテスト中。より楽しげな写真が共有可能に

参考:Instagram公式ブログリリース

Introducing Event Channels on Explore - Instagram Blog

関連記事 

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

【Google】新しいローカルパックのデザインをテスト中

Google マーケティング モバイル アプリ

検索結果にリスティング広告の下に表示されるプレート「ローカルパック」の新しいデザインをGoogleがテストしています。2パターンテストしており、いずれも目立ったアイコンが新鮮です。Googleはどのような意図でデザインを変更するのでしょうか。

※Serach Engine Roundtableの記事を基にしています

f:id:blackwatcher:20160817235141p:plain

Google Local Pack Testing New Design

Googleが新しいローカルパックのデザインをテスト中

新しいローカルパックの特徴は、ウェブサイトへのアイコンと、ディレクションアイコンの間に、大きな白いスペースが空いている特徴があります。元記事ではこのスペースに広告や動画などを表示させるのではないか、と推測しています。

通常のローカルパック

f:id:blackwatcher:20160817235623p:plain

新しいローカルパック

f:id:blackwatcher:20160817235655p:plain

ローカルパックの広告もテスト中

Googleはローカルパックに広告もテストしています。緑色のラベルとともに、広告とわかるよう表示しています。また、2015年末より、検索結果からレストラン予約を直接行えるボタンも設置しはじめました。日本でもつい先日リリースが出たばかりです。下記の記事にまとめているので、よろしけば参考にしてください。

【Google】ローカルパックの広告をスタート。日本ではついにレストラン予約も

関連記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net