読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒子の観察者

テクノロジーやマーケット、働き方(ビジネススキルなど)、あとエンタメとグルメについて書き綴ります。

【Google】AMP対応広告"A4A"をリリース!通常の6倍で広告を爆速表示

Google アドテク トレンド メディア モバイル

Googleが進めているモバイル高速化プロジェクトAMPに、新たに広告を表示する機能が追加されました。AMP for ads、略称"A4A"と呼ばれるこの広告は、従来のネット広告に比べて高速に表示される仕組みです。ユーザーがAMPの記事を閲覧する際に、邪魔にならない快適さが追求されています。

※The Next Webの記事を元にしています

f:id:blackwatcher:20160716212537p:plain

Google brings its AMP technology to ads for faster load times

Google、AMP対応の高速表示広告"A4A"を公開

通常のネット広告とA4Aの表示スピードを比較したアニメーションが、AMP Projectの公式ブログにて公開されています。以下のアニメーションの、左が通常のネット広告で、右がA4Aです。ページ上部に青いデモ用の広告が表示されます。その早さを体感してみてください。

A4A_Good3G_v02 (1)

A4Aを高速表示する仕組み

A4Aを高速表示する仕組みは、いくつかの技術によって支えられています。「海外SEO情報ブログ」からご紹介します。

リクエストとレンダリングの分離

A4Aは、広告のリクエストとレンダリングを完全に分離しています。ページに広告を表示する際に、サーバー側では、オークションなどの処理が発生し、レスポンスに時間がかかることがあります。

一方、ページを表示するクライアント側では、受け取った広告のレンダリングのために、CPUやメモリなどのリソースを消費します。結果、ページのメインコンテンツのレンダリングを遅らせる原因になります。

A4Aでは、両者を分離することで、ページのレンダリングが遅くなることを防いでいます。

AMPのフォーマットに沿った広告

A4AはAMPの仕様に従って構成されるため、表示が遅くなる要素がかなり省かれています。たとえば、A4Aの場合、AMPの仕様に従っているかの有効性を検証するので、バリデーションチェックの時間が短縮されます。その他、今まで広告が自由にできていたことが、仕様により制限がかかっています。

AMP用の解析ツール

広告は、それぞれの広告専用の解析ツールを実装することが珍しくありません。1つのページに3つの広告を表示した場合、3つの解析ツール(JavaScript)が稼働することがあります。これが表示を遅らせる原因になります。

A4Aでは、amp-analyticsを利用して計測するので、1つのコードで複数の解析が可能となっています。

ユーザーの閲覧タイミングで表示

A4Aはスクリーンの見える範囲にある場合にのみ表示される仕組みです。

例えば、ページの下部にある広告は、スクロールして下部に到達してはじめて掲載のための処理が始まります。状況に応じてアニメーションのフレームレートを抑えるなど、ユーザーの閲覧体験を極力阻害しない配慮がなされています。 

AMPはオープンソースなのでどの広告ベンダーも使える

AMPはオープンソースです。そのため、どの広告ベンダーもこれを利用してA4Aに対応した広告を配信することが可能です。

A4Aの技術的な詳細は、Githubに載っているので参考にしてみてください。

AMP Ads For AMP Pages ("a4a") · Issue #3133 · ampproject/amphtml · GitHub

参考 

But what about the ads? – Accelerated Mobile Pages Project

この記事を読んだ方におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

【Facebook】Androidユーザーがオフラインでも動画を閲覧できる保存機能をリリース

Facebook メディア モバイル アプリ

Facebookは、AndoroidユーザーがオフラインでのFacebook Liveの動画を閲覧できる保存機能をリリースしました。動画再生回数がYoutubeを上回りつつあるFacebookでは、動画を閲覧するニーズも強くなっています。オフラインでも動画を頼むことができれば、よりFacebookの滞在時間も増えそうです。

※The Next Webの記事を元にしています

f:id:blackwatcher:20160716212537p:plain

Facebook for Android now lets you save videos to watch offline

Facebookの動画再生がオフラインでも可能に

Facebookが動画の再生をオフラインでも可能にした理由は、インドのネット通信環境が弱い地域でGoogleと戦うためだったようです。英語になりますが下記の記事を参考にしていただきますと、Facebookはインドにて動画のオフライン再生機能を公開しています。2014年より、Youtubeで同様の機能を公開していたGoogleに対抗するために、このような機能を公開しました。

Facebook Pilots Offline Video for India in Duel With YouTube - Bloomberg

インドは通信料が高く、ネットワークも弱いという地域特性があるため、アドブロックユーザーが増えていることを以前記事にしましたが、動画の閲覧についても課題を抱えているのですね。

アジアで進むアドブロックの普及、その理由とは

動画保存の使い方

使い方はとても簡単です。動画のドロップダウンメニューをクリックし、"Save Video"を選択するだけ。保存した動画は、”Videos"の"Saved"ディレクトリの中にッカう人できます。動画はスマートフォン本体ではなく、アプリ内に保存される仕組みです。そのためユーザーはアプリの中でのみ動画を閲覧可能です。

f:id:blackwatcher:20160723224451p:plain

Facebookの他、YoutubeやAmzon Primeも同様の機能をリリースしています。

参考

View YouTube Videos Offline In Its App From November

Amazon Prime Video one-ups Netflix with offline playback on Android and iOS

この記事を読んだ方におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

Facebookメッセンジャーの月間アクティブユーザー数が10億人を突破

Facebook アプリ トレンド

Facebookメッセンジャーの月間アクティブユーザー数が10億人を突破しました。月間9億人を達成したのが3ヶ月前、8億人を突破したのが7ヶ月前なので、かなりのスピードでユーザー数を伸ばしているようです。Facebook本体のユーザー数が16億5,000万人なので、60%以上のFacebookユーザーがメッセンジャーでコミュニケーションをとっていることになりますね。

※VentureBeatの記事を元にしています

f:id:blackwatcher:20160723134320p:plain

Facebook Messenger hits 1 billion monthly active users, now powers 10% of all VoIP calls | VentureBeat | Apps | by Ken Yeung

Facebookメッセンジャーの月間アクティブユーザー数が10億人を突破

Facebookメッセンジャーの月間アクティブユーザー数が10億人に達するに要した時間は4年ほどです。人気メッセンジャーアプリの代表であるWhatAppが10億人に達したのが7年かかっているので、成長スピードの早さが伺えます。

ユーザーはFacebookメッセンジャーを通して、電話や写真、記事の共有などさまざまな使い方をしています。電話に限って言えば、世界中でかけられているVoIPコールの10%がFacebookメッセンジャーで行われているとのことです。Facebookは、2013年にP2Pコールをスタートさせ、グループコールも2015年の4月に始めています。

音声通話以外に、メッセンジャーでは写真やステッカー、GIFを送ったりするコミュニケーションが活発です。毎日170億の写真、毎日2200万のGIFが送信されているとのことです。

続々と機能を強化

Facebookメッセンジャーは、その勢いにのって続々と新しい機能をリリースしたりテストしています。たとえば、Facebookアプリ内で最近よく目にするAMPの記事をFacebookメッセンジャーにも適用しました。約9億人のユーザーが、メッセンジャーで記事を読んでいるという事実から、適用に踏み切ったとのことです。

【Facebook】Instant ArticlesがFacebookメッセンジャーにも適用

さらに、SnapChatのような消えるメッセージ機能もテスト中です。ユーザーが自分で消える時間を設定することが可能です。

Facebookメッセンジャーが消えるメッセージ機能をテスト中

最後に紹介するのは、複数のアカウントを切り替える機能です。1つのデバイスを、複数のユーザーで使い回す利用方法が一定数あることから、公開された機能です。

Facebookメッセンジャーが1ユーザーの複数アカウントをサポート開始

参考

900M monthly users strong, Facebook Messenger gets codes, usernames, and links to help you connect with anyone | VentureBeat | Apps | by Paul Sawers

Facebook Messenger passes 800 million monthly active users | VentureBeat | Social | by Paul Sawers

この記事を読んだ方におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

Periscopeに"Editor's Picks channel"を追加!編集チームが選んだ動画が楽しめるように

Twitter アプリ モバイル

ライブ動画配信アプリの「Periscope」が"Editor's Picks channel"をリリースしました。この機能により、ユーザーは1度はタイムラインで見逃した動画を閲覧可能になります。Periscopeの編集チームが独自に選んだ動画を、見逃さないで済むのです。

※SocialTimeの記事を元にしています

f:id:blackwatcher:20160619230203p:plain

Periscope Adds Editors’ Picks Channel for Viewing Curated Streams | SocialTimes

そもそもPeriscopeとは

本題に入る前に、Periscopeというサービスについて触れます。PeriscopeはTwitter社の動画配信アプリです。アプリを通して動画を配信することで、世界中の人に自分のとっている動画を届けることが可能です。他のユーザーの動画を視聴することももちろんでき、ユーザー同士でメッセージのコミュニケーションを取ることも可能です。Periscopeをはじめとする動画配信アプリは今非常に注目を集めているので、気になる方はこちらの記事をご覧ください。

【動画マーケティング】トレンドまとめ!タテ型動画アプリC CHANNEL・Periscopeなど

Twitter社のアプリなので、Twitterアプリとも連携しています。連携方法については、下記の記事を読んでみてください。

【Twitter】Facebook Liveに対抗!?PeriscopeのボタンをiOS、Androidアプリに追加

"Editor's Picks channel"を追加

ユーザーはEditor's Picks channelを"Broadscasts tab"の下に表示されるボタンから利用することが可能です。編集チームが選んだニュースや文化などに関連する動画を楽しむことができるようになったようです。

この記事を読んだ方におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

【Facebook】Instant ArticlesがFacebookメッセンジャーにも適用

Facebook アプリ トレンド モバイル

高速でウェブの記事を表示する仕組みであるInstant Articlesが、Facebookメッセンジャーにも適用されました。今のところAndroidアプリのみとなってり、iOSアプリには数週間で展開されるとのことです。ユーザー間での記事の共有や、ニュース配信者から送られてくる記事の閲覧体験がより快適になりそうです。

※SocialTimesの記事を元にしています

f:id:blackwatcher:20160619230203p:plain

Instant Articles Come to Facebook Messenger | SocialTimes

Instant ArticlesがFacebookメッセンジャーにも適用

Facebookが、モバイルのFacebookアプリで展開していたInstant ArticlesをFacebookメッセンジャーにも適用開始しました。Facebook社のDavid Marcus氏によれば、現在Facebookメッセンジャーを通して、9億人のユーザーがニュースをシェアしたり、閲覧したりしているとのことです。

Instant Articlesの特徴は、ウェブの記事を高速に表示して、ユーザーの待ち時間を減らし、記事からの離脱を下げる効果があることです。通常のウェブで閲覧するより10倍の速さで記事を表示します。多くのユーザーがFacebookメッセンジャーで記事をシェアしたり、閲覧したりしている利用状況を踏まえ、今回の試みにつながったのでしょう。

Instant Articlesの記事は、以下のキャプチャの通りリンクに「⚡」がついて表示されます。リンクをクリックすると、高速で記事を表示します。

f:id:blackwatcher:20160717112223p:plain

補足:Facebookメッセンジャーのユーザー数

上述で9億人がFacebookメッセンジャーを通してウェブの記事を閲覧しているとしましたが、ユーザー数が9億人に達したのは、2016年の4月のことです。1月時点で8億人だったので、わずか3ヶ月ほどで1億人も増えています。

Facebook本体のユーザー数は、全世界で4月時点で16億5,000万人となっており、Facebookメッセンジャーはこの数字までをいったん目指しているのではないでしょうか。

参考

Introducing Instant Articles in Messenger | Facebook Media

Facebook Messenger Hits 900 Million Users - Fortune

Facebook - Investor News

この記事を読んだ方におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

【ポケモンGO】世界最速でアプリストア1位!DAUでSnapChat、Googleマップに追いつくことはできるのか?

アプリ エンタメ マーケティング モバイル トレンド

アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで公開され、大ヒットとなっている「ポケモンGO」。DAUを順調に伸ばしており、リリースしてまだ程ないですが、SnapChatやGoogleマップといった定番アプリに迫る勢いとなっています。

※The Next Webの記事を元にしています

f:id:blackwatcher:20160716212537p:plain

Pokémon Go keeps shattering records, closes in on Snapchat

DAUでSnapChatとGoogleマップに追いつけるか

SurveyMonkeyの調査によれば、アメリカのアプリ市場においてポケモンGOのDAUが定番アプリと方を並べる存在になっているようです。すでに、Twitterや大人気ゲームアプリCandy Crush Sagaを超えており、SnapChatやGoogleマップに迫る勢いとなっています。このまま勢いを活かして、DAUで抜くことはできるのでしょうか。

f:id:blackwatcher:20160716225053p:plain

すでに過去もっともDAUの多いゲームアプリに

実は、すでにポケモンGOはもっともDAUの多いゲームアプリとなっています。前述していますが、Candy Crush Sagaを超えています。グラフの数字はピーク時の数字を比較しているので、今後より伸びてくる可能性があります。対象はすべてのデバイスとなっています。

f:id:blackwatcher:20160716232014p:plain

ポケモンGO、一大集客ツールに化ける可能性

別記事になりますが、ロイターによればポケモンGOは集客ツールとして存在感を示す可能性があるとのことです。タイトルにも書いた通り、リリースから世界最速でアプリストアで1位を記録していて、前述のとおり、DAUを爆発的に伸ばしています。小規模ビジネスの集客に特化した若いIT企業は多く存在しますが、最終的には大手ブランドのマーケティングツールとして利用されるのではないか、と推測されています。

同ゲームはすでに地域のレストランやカフェ、小売店舗が新規顧客を呼び込むことに寄与しています。大手レビューサイト「Yelp」が、ポケモンGOの"ポケストップ"対象店舗を絞り込めるフィルター機能を追加しています。詳しくは下記の記事を参考にしてください。

blog.blackwatcher.net

参考

Pokémon GO is now the biggest mobile game in U.S. history - SurveyMonkey Intelligence

アングル:ポケモンGO、「一大集客ツール」に化ける可能性 | ロイター

この記事を読んだ方におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

ポケモンGO対象店舗の絞り込み機能を追加?!Yelpがブームに便乗

アプリ エンタメ トレンド マーケティング

飲食店や街のさまざまなお店のレビューサイト「Yelp」が、今大人気のゲーム「ポケモンGO」の対象店舗を絞り込める機能を追加しました。店舗を絞り込むフィルターはもともと2つしかなかったため、ポケモンGOの影響力の大きさが伺い知れます。

※The Next Webの記事を元にしています

f:id:blackwatcher:20160716212537p:plain

Now you can filter your Yelp results by PokéStop, what a time to be alive

YelpがポケモンGOの対象店舗を絞り込める機能を追加

Yelpが世界で大ヒット中のスマホ用ゲーム「ポケモンGO」の人気にあやかり、ポケモンGOの対象店舗をYelp内で絞り込める機能を追加しました。

ポケモンGOは位置情報を使って遊ぶゲームで、現実の地図と対応したアプリ上のマップを移動します。 マップには実在の名所や店舗が「ポケストップ」と称され、立ち寄ると定番の冒険に必要なアイテム(モンスターボールなど)が手に入ります。Yelpはこのポケストップを絞り込める機能をサービスに追加しました。

冗談ではない、iOS・Androidアプリに"PokeStop"タブ

元記事では、「エイプリルフール」ではないと表現されており、それくらい疑ってしまう機能ですが、実際にYelpのiOSとAndroidアプリに追加されています。青いタブで「PokeStop」とあり、使用すれば、ゲーム内のポケストップにアクセスすることが可能です。

一部国・地域のみ利用可能

この絞り込み機能は、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア、そして今週よりイギリスで利用可能です。といいますのも、ポケモンGO自体まだアメリカ、ニュージーランド、オーストラリアでみの公開となっているためです。Yelpはさまざまな国でサービスを展開しているので、ポケモンGOのリリースに合わせて絞り込み機能も公開されていくのではないでしょうか。

下記の記事にポケモンGOの最新動向をまとめています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

blog.blackwatcher.net

この記事を読んだ方におすすめの記事

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net

blog.blackwatcher.net